<< 君が代と天皇 | main | 集団的自衛権の探求 >>
2018.02.09 Friday

日本の安全保障

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    安全保障をどうするか。
    アメリカとの同盟関係を基本とする戦後体制、核の傘と称せられるが今まで笠の実態を知らされたことはない。日本の安全は日本の国民の安全ではない。アメリカは本当に日本を守ってくれるのかと言うことも言われるが、それよりも政府が本気で国民を守ってくれるのか。
     国体の護持をかかげた戦前の陸軍の将校のことを考えれば、ただただ天皇のことしか頭にない軍が国民の事を考えているはずはなく、今の自衛隊も国民の事は2の次になっている。
    安全保障は具体的である。アメリカを敵に回す必要はない。東西冷静構造が崩壊した今、全方位外交が可能だと考える。基本は自分の国は自分で守るだかだ。外交努力を真剣にやること。エネルギーの確保を確実におこなう。外交こそ国を救う鍵であり、

    根本的に食料自給率を上げること、これからのエネルギーを再生可能のエネルギーにして行く事をほ基本に据えてしっかりとやっていく事。

    いずれにしろ今の安部や外務大臣らではこれからの日本は救えない。いよいよ世界経済の破滅的危機がやって来た。29年の危機の再来だ。

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM