<< ミサイル発射 | main | けたぐり!? >>
2016.07.09 Saturday

投票率と自立した民主主義

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    イギリスの国民投票は政治の限界を現わしています。政家は政治をしっかりとやる当然です。そのために給料は人一倍もらっています。そしてそれは税金です。
    私の言いたいことは、1を聞き10を知る政治家を期待するよりは国民の政治参加、つまり政治は政治家のものではなく国民のものであるといいたいのです。
     行政がやるべきこと、民間がすべきこと、ボランティアが出来ること、政治が出来ること、それぞれの棲み分けと役割分担、そしてそれをコントロールし、コーディネイトするより身近な地域ガバナンスの事。
     
     お任せ民主主義からの脱却を目指したいのです。
    自らの政治は自ら切り開いていく自立した国民であって欲しいし、これからはより身近な政治を実現できる地方自治を目指し地域コミュニティを如何に活性化できるか考えているところです。優れた政治家に期待をしていくのもいいでしょう。何かをやってもらうのではなく自ら自立した個人として地域社会に皆で貢献していきたいものです。地方分権の時代、地域主権住民自治を推進し、より国民が幸福を実感できる社会になれたらと仙台の地でがんばっています。

    コメント
    自立した民主主義、それが出来れば世話がない。3割の投票率。町内会組織の弱体化。其々の問題を一づつ解決いくことが゛政治、それを
    やっていくことこそ地方政治家の役割と認識している。
    • のん
    • 2015.09.08 Tuesday 10:17
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM