<< 集団的自衛権の話 | main | 宮城県は指定廃棄物はいらない >>
2016.06.28 Tuesday

教育と統治

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

     

    今回の高校の履修科目偽装事件の投げかけたものは、教育委員会の有り様を浮き彫りにした。また地方分権と国家の統治という古い問題も浮き彫りにした。
     昭和23年教育委員会は生まれた。68年たっているわけだ。
     教育基本法と教育委員会は一体のものだ。当初は選挙もなされたが徐々にその専門性と実務との乖離、事務局が次第に実権を握っていく過程で人事権も予算権も失い実質的に実効性が無くなり、経財界を中心に無用論、縮小論がはびこり、解体論まで出る始末。苦情処理係に成り下がった。
     本当の教育改革は法をあれこれいじることではなく、教育現場の現実的改革で無ければならず、教育委員会も人事権と予算権を持たずして教育の改革に着手できないし、本当の意味での改革は地域、学校、先生方一人ひとり、校長先生、PTAと親の会、が一体となり子どもを守り育てていくこと抜きに改革なんてありはしないのだ。全国の地方政治家はこのことをしっかり自覚し、本当の教育改革に着手し、教育バウチャー制度などと言うまやかしの教育改革にきっぱり決別し、「美しい日本」などといっているお坊ちゃまに「NO」と言ってあげよう。もっとも悪い制度が教育バウチャー制度である。今の地域コミュニティはこの教育バウチャー制度を取り入れたなら完全に崩壊してしまうだろう。
     子どもの悲鳴が聞こえる。そして書類の山に埋もれ、現場を見失った校長先生の叫び声がしている。教育、ゆとり、「国を愛する態度」だと。東大出の官僚に何が分かると言うのだ。
     教育者が教育を見失っている悲惨な国が日本の教育の現状である。
    政治にしか出来ないこともある。その点しっかりと自覚し、本気で志ある者と手を携え現場からの改革に着手しよう。

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    教委や学校の過度な批判は、政府によるいじめ&国の主導権確保の手段になるのではないか?!
     毎月のことながら・・・え? もう10月も終わりなの〜〜〜?(・o・)  昨日から今朝にかけて、PCのご機嫌がイマイチで、記事アップやコメントのレスができ なかったです。すみません。m(__)m <書きかけてた記事も消えてしまった。(涙)>  今夜というか
    • 日本がアブナイ!
    • 2006/11/01 2:05 AM
    高校履修漏れ問題
    富山県立高岡南高校で学習指導要領で必修の世界史の授業をしなかったことが分かったのを皮切りに、公立私立含め全国で履修漏れが明るみに、とうとう自殺者も。受験とゆとり教育のはざまで起きたこの事件について、あなたのご意見
    • 共通テーマ
    • 2006/11/03 6:42 PM
    ▼ イギリスの学校監査
    学力の低下など多くの問題を抱える公立の学校を どう建て直すのか, 議論が始まっている。 イギリスはこの問題に20年程前から取り組んできた。 改革の中心となっているのが「学校監査」である。 授業のやり方はどうか, 生活指導に問題はないかなどについて 第三者の目で
    • 最新ニュースから
    • 2006/11/17 11:18 AM
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM