<< 脱原発みやぎ金曜デモにいく | main | 銅の値上がりがすさまじい。 >>
2018.04.23 Monday

仙台市の財政再建

0

     仙台市の一般会計予算4411億となり4年ぶりに前年度を下回り、財政調整基金170億を使い果たしやっと予算が組めるぎりぎりの編成になっており、法人、個人市民税を中心に景気低迷が影響がおよぼし、これから伸びが期待できない。
     団塊の世代の大量退職に伴う資金の確保など゛市債に頼る体質は依然として存在している。
     仙台市の財政再建を本気で考えるのであれば都市計画の抜本的見直しと計画の練り直しが必要にになることは明らかである。仙台市はこれから教育とか地下鉄をはじめ直すところがたくさんある。余分なお金はない。より緊密な予算配分が求められる。

    コメント
    仙台市の当年度予算が出たというので検索しててこちらに来ました。同意見です。東西線を中止するにはどうしたらいいんだろうと日々考え続けてます。周りの人には話すのですがみなさん関心が薄いのかどうなのか反応がありません。街づくりについても失望というより疑心暗鬼になってます。
    • フローライト
    • 2011.02.02 Wednesday 14:00
    私も東西線について問題視していますが、それを差し引いても、今回の予算、
    報道で「子育てに重点」とか言われていますが、それでも子供の医療費と保育所で40億。
    一方企業会計ですが東西線には350億円。金がないんじゃなかったのかと呆れております。
    予算案を審議する現職の市議会議員ですが、組み替えなんかせずに黙って賛成するんでしょう。
    はっきり言って存在価値はないと思います。
    • AMR
    • 2011.02.03 Thursday 21:17
    平成22年度仙台市高速鉄道事業会計補正予算http://www.city.sendai.jp/shisei/__icsFiles/afieldfile/2010/12/16/131gian.pdf 地下鉄東西線 当初予算は319.8億 それでは足らず補正予算155.6億足し計475.4億 しかしバランスシートの収入 566.8億 支出は 634.8億 当初予算320億に対して結果は倍ちかい約635億  仙台市の年間予算の14%  市民の頭には河北が報道する当初予算しか残らない。全て数字のごまかしです。 バランスシート上の不足分68億は当年度分消費税および地方消費税なんたらかんたら(意味不明のもの消費税に一種?)で補填すると書いてある。  2月1日に財政状況のHPがリニューアルされてて1月に見た補正予算は補正予算305億のうち231億が地下鉄東西線建設へとなってました。帳簿上の見栄えをよくしたのだと思います。(東西線への補正予算を少なく見せる?)それでも当初予算の倍とは信じられません。市債発行残高についても前に調べましたが 詳細は良く分からず・・・
    • フローライト
    • 2011.02.04 Friday 10:45
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM