<< 建設業の未来と転職 | main | 20年の失われた時代 >>
2019.01.25 Friday

政務調査費を論ず

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     まずは金額が多すぎる。38万が35万になってもたいして変わりがない。政務調査のほかに当然歳務が給料が出る。基本的にお手盛り状態には変わりない。はたして何にそんなに使うのか。事務所費、事務員費はいるとして市議会議員にはたして秘書がいるかどうかは疑問の点だ。一円以上の領収書は国会では常識になってるし、一万以上というのはなんら根拠がない。
     仙台市議会の政務調査費の制度見直しを協議してきた検討会議は議長に一万円を超える支出について領収書を添付するなどの改革案を提出した。来年4月から改革するという。今すぐではないのか。
     国のほうで1円以上の領収書添付が゜義務化される方向にあるときにいかにも不十分のそしりを免れない。卑しくも市民の税金から支給されるものであるとの認識が市議の諸君には欠けているといわざるを得ない。
     問題は中身であって、市の政策を研究、調査するためであれば35万であっても市民は納得いくのであって訳がわからない金の支出に同意できないといっているのである。
     38万が35万になっても使われる中身が変わって無ければ意味が無い。市議の諸君は身を正してきちっと収支を明らかにして欲しい。

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM