<< 米朝会談始まる | main | 日本の安全  >>
2018.06.13 Wednesday

建設業の未来

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    建設業の今と未来について述べます。
    業績は各社の能力や体力によって決まります。
    社長の資質、従業員の能力によっても会社の発展は規定されています。確かに分かります。その通りだと思います。
     今まで「土」をいじっていた人間にすぐパソコンをいじれといってもできないように、建設業からの転業、転職がはかどらないのは、徹底したマニュアルな手作業を主体にした業務形態と無くてはならぬ必要性があったからです。ここで林業への 転換は考えられないだろうか。公共工事としての林業をどしどしやりこの雇用不安を解決するのだ。間伐材切り出し山に光と風を呼び戻す。林業は建設業の転換先として有望である。
     新分野や新工法で生き延びことができるのはほんのわずかです。社会が建設業を必要とする限り、苦しみながらも残っていくでしょう。社会のインフラを作っている建設業。其処に正義と公正の名でもって光を当てていくことも必要ではないか、と思っています。

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM