<< 仙台商業19回生同窓会 | main | 元気とやさしさ >>
2018.12.12 Wednesday

教育の現場の理想と現実

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    私の知り合いの小学校の校長先生がダンボールに3つも4つも積み上げ教育局に来ていた。管理者の悲鳴、児童を見ている先生の嘆きが聞こえてきている。子どもに真正面から向う時間が十分に取れているとは思えない。

     「教育」はかなりの力瘤をこめた取り組みが特に小学校のときには必要だ。管理だけでは学校の教育現場のモチベーションは保てないと思う。
     チームティーチングも取り入れながら地域の力を借り、ともに教育しあう「共育」が必要です。先生の独自の取り組みと学年の話し合い、研修、学びあい、子どもを注意深く見る目、現場をじっくり見ていく時間を十分にとっていくことが大事だと思っています。
     多種多様な価値観を認め合い、個人の尊厳を基調とした教育原理が基礎になければなりません。国家思想と言う単純なイデオロギーでは日本の世界からの孤立は避けられません。国旗、国歌を盾に心の自由まで奪おうとする教育行政は真の意味で自由な子どもたちを育ていくという理念から外れてしまう。

     本当に美しい日本を残したいのならば教育こそこれからの未来の設計図を描ける財産だと言う思いを政治の世界で実現することが必要です。子どもたちに未来を託し、世界に羽ばたけるような国際人に日本の子どもたちが成長するためにも、寛容で柔らかな心を育てる教育を今こそ現場を徹底的に大事にする政治を地方から立ち上げ、その思いを実現していきたいものです。
     今の自民党政治では国民を「羊化」していくことしか出来ないし、日本の滅亡へと導く最悪のシナリオしかかけません。と思っています。

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM