2018.02.24 Saturday

反核と平和

3

JUGEMテーマ:日記・一般

北朝鮮が核実験にむけて宣言する。
各国がいっせいに反発。
「朝鮮半島の非核化に反する。」「核軍縮に反する。」「国連決議に反する行為」「日朝ピョンヤン宣言違反」
等々口高に叫ぶ核保有国と近隣諸国。
日本もその一員だ。

唯一の被爆国日本。
その意味を人間尊厳の恒久平和、核廃絶まで広げていくためにはその原因となった戦争の反省をトコトンしきらねばならず、あいまいな安倍首相の考えではとても世界の平和も極東の平和も勝ち得まい。

反核脱原発、全ての核を廃棄せよ。

隅櫓


雨上がりの隅櫓

2018.02.24 Saturday

君が代と国家

0
    JUGEMテーマ:日記・一般

    君が代の君は天皇をさすことは明らかである。
    天皇の地位は国民統合の「象徴」として国民の総意に基づくとされる。
    しかし国民の総意が問われたことはなく、天皇の地位は明治憲法の詔勅により定められている、と言う意見がある。統帥権を事実上持っていた昭和天皇は補弼すべき元勲たちの無能力により、大戦の終結を自ら御前会議において決せられ、ポツダム宣言を受諾したのである。然るに東京裁判をめぐる事態に対しては臣民のみに責任を取らせ自分の戦争遂行の責任の所在については口をつぐんでしまった。
     戦後処理を無責任なやり方をした国家はその憲法の第一章においてもあいまいなまま天皇の地位をそのまま「象徴」とか「国民の総意」といういい加減な規程を有していると言わざるを得ない。
     従って今憲法改正問題を俎上に載せるとしたら、まず第一章の天皇の地位の確定と民主主義、国民主権との関係を論ずる必要がある。国民の総意をただ抽象的概念とするのか、きっぱりと国民投票の案件として天皇の地位の確定をするのか決めなければならない。日本は民主主義国家なのか立憲君主制なのかはっきりさせてもいいのではないだろうか。
     国家に対するまた天皇に対してもあいまいな日本、国歌「君が代」が歌われ続け、そしてそれを歌うことを強制することが真の意味で国を愛する国民を生み出していくことなのか、考えてみたほうがいい。
     国家と政治は国民の幸福を追求し、恒久平和の理念を実現するために存在する。そしてその視点は弱者の立場に立った施策なければならない。
     国家とは統治機能そのものである。国旗も国歌もその一部を構成している。「総意」がただの幻想に過ぎないのであれば天皇の地位も確定し得ない「幻想」と言うことになってしまう。
     改正権法論議がなされているけれども、まずは第一章から検討すべきと思うのである。 いよいよ平成も30年で終わり。天皇が現代にあっているかどうかが試される。

    2018.02.24 Saturday

    安部と天皇制

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

      君が代の君は天皇をさすことは明らかである。
      天皇の地位は国民統合の「象徴」として国民の総意に基づくとされる。
      しかし国民の総意が問われたことはなく、天皇の地位は明治憲法の詔勅により定められている、と言う意見がある。統帥権を事実上持っていた昭和天皇は補弼すべき元勲たちの無能力により、大戦の終結を自ら御前会議において決せられ、ポツダム宣言を受諾したのである。然るに東京裁判をめぐる事態に対しては臣民のみに責任を取らせ自分の戦争遂行の責任の所在については口をつぐんでしまった。
       戦後処理を無責任なやり方をした国家はその憲法の第一章においてもあいまいなまま天皇の地位をそのまま「象徴」とか「国民の総意」といういい加減な規程を有していると言わざるを得ない。
       従って今憲法改正問題を俎上に載せるとしたら、まず第一章の天皇の地位の確定と民主主義、国民主権との関係を論ずる必要がある。国民の総意をただ抽象的概念とするのか、きっぱりと国民投票の案件として天皇の地位の確定をするのか決めなければならない。日本は民主主義国家なのか立憲君主制なのかはっきりさせてもいいのではないだろうか。
       国家に対するまた天皇に対してもあいまいな日本、国歌「君が代」が歌われ続け、そしてそれを歌うことを強制することが真の意味で国を愛する国民を生み出していくことなのか、考えてみたほうがいい。
       国家と政治は国民の幸福を追求し、恒久平和の理念を実現するために存在する。そしてその視点は弱者の立場に立った施策なければならない。
       国家とは統治機能そのものである。国旗も国歌もその昨日の一部を構成している。「総意」がただの幻想に過ぎないのであれば天皇の地位も確定し得ない幻想と言うことになってしまう。
       改正権法論議がなされているけれども、まずは第一章から検討すべきと思うのである。安部のもとでの戦争体制、天皇制と戦争総動員態勢をつくりあげていく必要性がいま増しているのだ。

      2018.02.23 Friday

      国家犯罪者安部を監獄へ

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

        選挙は闘いです。
        国民の負託にこたえるのが政治ですが、誰に託すのが戦いになります。
        税金の使い道を政策を提示することによってその選択を国民に迫るのが選挙です。多くの場合政治は政党の政策選択によって判断されます。そして国民が判断し、判断の結果、政権が変わるとき「国のかたち」が変わります。
        わずか70年前までは女性には参政権がありませんでした。言わば女性は男性の付属品のようなもの。それがいまや女性は仕事でも政治の世界でも中心になろうとしています。今回の都議選での都民の選択は自民党へのお仕置きと都知事への幻想に他ありません。都民ファーストが何かしてくれるとかではないと言えます。安部を監獄へ。

         

         時代は変わりつつあります。
        官僚の支配を脱して本当の意味で民主的で国民本位の国家に変わろうとしています。
        今言える事は選挙を国民が自分の幸せを選び取れるような選挙にせねばなりません。

        2018.02.23 Friday

        自立した民主主義

        0

           政治家は政治をしっかりとやる当然です。そのために給料は人一倍もらっています。そしてそれは税金です。
          私の言いたいことは、1を聞き10を知る政治家を期待するよりは国民の政治参加、つまり政治は政治家のものではなく国民のものであるといいたいのです。
           行政がやるべきこと、民間がすべきこと、ボランティアが出来ること、政治が出来ること、それぞれの棲み分けと役割分担、そしてそれをコントロールし、コーディネイトするより身近な地域ガバナンスの事。
           
           お任せ民主主義からの脱却を目指したいのです。
          自らの政治は自ら切り開いていく自立した国民であって欲しいし、これからはより身近な政治を実現できる地方自治を目指し地域コミュニティを如何に活性化できるか考えているところです。優れた政治家に期待をしていくのもいいでしょう。何かをやってもらうのではなく自ら自立した個人として地域社会に皆で貢献していきたいものです。地方分権の時代、地域主権住民自治を推進し、より国民が幸福を実感できる社会になれたらと仙台の地でがんばっています。真に住民の事を考えていく真の革命的な党が必要です。安部をたおし国民の声を代表する党を作りだし行く作業が必要です。

           

          2018.02.23 Friday

          北朝鮮への経済制裁がもたらすもの

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

            経済制裁が更なる反発を生み出し核の廃棄に結びつくとは思えないのだか、
            アメリカは本気で日本を守るのか。条約は確かに防衛義務を課してはいる。しかし今のアメリカは中東で目いっぱいであり、あたかもベトナム戦争の末期に似てきすらある。日本、韓国の核武装化の世論すらある。
             日本国憲法はどんな経緯で出来たにしろ戦後の日本の基本的形を今日まで国民に提供してきた。
             経済制裁がこれからの日本にとってどのような影響を与えていくのか、朝鮮半島の統一がつまり北の瓦解が日本に与える脅威を考えていかねばならない。

            2018.02.22 Thursday

            テロと戦争

            0

               

              JUGEMテーマ:日記・一般

              戦争とテロについて考えてみたい。
              人間の命は地球より重いとは誰の言だったのでしょうか。これは真っ赤なうそとはいいませんが、軽々しく人を殺めることの頻発することなどを見聞するにおおよそその言たるや精神論としてもはなはだ危ういものを感じざるをえない。9.11のその先にある貧困や飢餓、憎しみの連鎖、宗教の対立、思想の危うさ、現代社会がかかえる問題は深く、人間の尊厳を常に問い直している。
               先の大戦で日本は大負けし、アメリカのいいなりになり続け、世界第二のGDPなどといい気になり、イラクくんだりまで自衛隊を派遣して、再び戦争の道を間違いなく歩もうとしている。安部政権は憲法改正を目指すと明言している。
               戦争に負けた責任、戦争をやった責任、誰も取ってはいない。
              危うい問題、誰も責任を取らない日本。
              「すめらみこと」とは言わないが安部は戦場に出てみろとはいわぬが、政治の本質は戦争の惨禍を国民に決して負わせないことを、こころして進めよう。これこそ一番の安心安全なのだから。またアメリカでテロがおこった。イギリスでもテロが起こった。

              いかなる理由があろうとも年端もいかぬ少女をあやめて良いとは言わないだろう。なんとしてもテロを止めなければ。戦争とテロどちらもダメ、何としてもとめないと。

               

               

               

               

               

              2018.02.21 Wednesday

              政治家と公約

              0
                JUGEMテーマ:日記・一般

                政治家と公約
                公約とは選挙の際に、選挙人に約束する政治的約束ごとと解するべきで、それが何らかの理由で実現されないとすれば、その理由にもよるが政治家の政治生命にもつながる重いものと理解すべきで、卑しくも軽々しく扱うべきものではないことは言うままでもありません。政府自民党は5000万件"消えた年金"に関してコンピュータの突合を終わらせ最後の一人最後の一円まで゛照合する、といっていたはずです。社会保険庁がどうしようもない役所であることはわかっています。それに仕事をさせるのが政治家の役割ではないか。官僚の言うことを鵜呑みにして、どうでいい公約を国民をだまして言うことが政治家の役割ではないはずです。
                 政府自民党は公約を重さを自覚し、といっても無理かな、無理ですので、国民も来るべき総選挙で思い切り政府自民党にその答えを出して行きましょう。安部内閣は命運尽きています。外交でいかに点数を稼ごうとしても国民の判断は変えようがありません。一日も早く下野することを求めます。

                2018.02.21 Wednesday

                戦争と歴史

                0

                  JUGEMテーマ:日記・一般

                  世の中のすべてもものごとは合理的で起こるぺきに起こっている、かのように見える。すべての戦争や飢餓、貧困が起るべきして起こっている。9/11のあの惨劇、アジアで起っている地雷での悲劇、このことをしっかりと教えていくことが教育であり、歴史の「ひだ」を読み込むことになるのだと思う。
                   戦争がなぜ起るか、北朝鮮の核の事、彼我の経済制裁の問題、さまざまな軍事同盟の事、さまざまな観点から見ていく必要があり、戦争ぜざるを得ない環境にあったと言う結論ではなく、あくまでも戦争に反対する立場で歴史を読み込むことが必要だと思う。

                  そうすることで世の中のすべての事を読み取ることができると思う。

                  今まさに朝鮮戦争の危機にあると言える。

                  今ある危機にどう向き合うか。

                  各人の人的能力が問われている。

                  2018.02.21 Wednesday

                  戦争と歴史

                  0
                    JUGEMテーマ:日記・一般

                     世の中のすべてもものごとは合理的で起こるべきに起こっている、かのように見える。すべての戦争や飢餓、貧困が起るべきして起こっている。9/11のあの惨劇、アジアで起っている地雷での悲劇、3.11惨劇、最近の熊本の出来事、このことをしっかりと教えていくことが教育であり、歴史の「ひだ」を読み込むことになるのだと思う。戦後の歴史教育がこの戦争を教えないのは問題だ。教科書を逆に教えるのも一つの方法かもしれない。現実の戦争を教えないで何が教育だ。
                     戦争がなぜ起るか、北朝鮮の核の事、彼我の経済制裁の問題、さまざまな軍事同盟の事、さまざまな観点から見ていく必要があり、戦争ぜざるを得ない環境にあったと言う結論ではなく、あくまでも戦争に反対する立場で歴史を読み込むことが 必要だと思う。そして政治の役割は最終的に戦争を阻止し人間の幸福を勝ち取るという目的以外にありえません。 今は安部の戦争にむけた政策に真っ向から反対する勢力を糾合し戦っていくしかありません。

                    Calendar
                        123
                    45678910
                    11121314151617
                    18192021222324
                    25262728   
                    << February 2018 >>
                    Selected Entries
                    Categories
                    Archives
                    Recent Comment
                    Recent Trackback
                    Recommend
                    Links
                    Profile
                    Search this site.
                    Others
                    Mobile
                    qrcode
                    Powered by
                    30days Album
                    無料ブログ作成サービス JUGEM