2018.07.17 Tuesday

人を裁く、裁判員制度

0

     

     何にも法律の知識もなく、普通に生活している人が他の人の「犯罪」を裁くなんて。
    そんな資格ある人なんているのか。司法制度を能天気に民主主義の実現としかとらえられらないとするならば、国家の責任をあいまいにしていくことにならないか。
    誤判というものは常に起こっています。
    また、行政は間違ったことはしないという幻想は、いまだにあります。
    私は国家の肥大化には何の興味もないが、人間の個人の尊厳を行政とか国家が踏みにじっていくことの危険さが危ういと思っているのです。
     教育基本法の改正や教育再生委員会の方向は明らかにうえからものを言う統治者の発想だし、国民の視点に立った物言いではないように感じています。出席停止もその流れなのかも知れない。
    戦争がが出来る「美しい日本」
    そんな気がしています。

    安倍総理のやさしそうな笑顔にだまされないで。


     

     

    2018.07.15 Sunday

    自民幹部の核談義

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

      自民党がまた調子に乗っている。
      どのような苦労をしてこの戦後を非核で日本はガッバって来たのか。
      自民党幹部は目を背けず広島の原爆記念館を訪れ、学習しなおすべきだ。「日本の核武装を議論すべき」だと。
      かの佐藤栄作総理は非核三原則によりノーベル平和賞を受賞したこと、核拡散防止条約を批准し世界に唯一の被曝国であることの訴えを戦後し続けてきたこと、北朝鮮のふざけたこの脅しに乗り、日本も核武装を「議論」すべきだと。何も分かっていないばか者が政治家、特に2世議員には多いようだ。「原子力基本法」をキチンと読んでください。
      馬鹿どもが。
      ふざけすぎだ。

      2018.07.14 Saturday

      銅の値上がり

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

        銅が値上がりし、その影響で電線が急騰しています。
        同業者の電気屋さんでは現場から電線が盗まれてしまったという話を聞きました。
         世知辛い世の中になったものです。同じ電気屋であれば、とんでもない恥ずかしいこと。金がすべての世の中という気風が電気屋という技術の世界まで浸透しつつあるということになる。
         よくよく考えてみよう。技術と経済。政治と社会。倫理と経済。法の支配と世間の常識の成立。一つ一つのことを考え、一つ一つを解決に向け、努力していこう。
         出来事を風化させるのではなく、社会を少しでもよくしていくため、子供たちにこの国に生まれた誇りを持たせるためにも、現状を変えていく責任を大人が持っていこう。

        2018.07.13 Friday

        大衆運動をどう進めるか

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

          どう大衆運動を進めるか。

          どう大衆に政治目的を伝えるのか。

          今の政治的危機をどう伝えるのか。

          今の危機をどう伝えるか。

          まず街頭から。

          政治はまず街頭から。

           

           

          2018.07.11 Wednesday

          政治家と公約

          0
            JUGEMテーマ:日記・一般

            政治家と公約
            公約とは選挙の際に、選挙人に約束する政治的約束ごとと解するべきで、それが何らかの理由で実現されないとすれば、その理由にもよるが政治家の政治生命にもつながる重いものと理解すべきで、卑しくも軽々しく扱うべきものではないことは言うままでもありません。勝手にマニフェストを出すだの何だの騒いでいるが、一体何なんだ。党と言うものはそれじゃ何なんでしょうか。
             社会保険庁がどうしようもない役所であることはわかっています。それに仕事をさせるのが政治家の役割ではないか。官僚の言うことを鵜呑みにして、どうでいい公約を国民をだまして言うことが政治家の役割ではないはずです。もうすぐやってくる総選挙で答えを出し、政府自民党に公約を重さを自覚させ、といっても無理かな、無理ですので、むりやり自覚させてやりましょう。政権交代で。選挙で自覚出来なければ市民運動の圧力で自覚させましょう。それには数です。

            2018.07.10 Tuesday

            お任せ民主主義と自立した政治

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル

              政治家は政治をしっかりとやる当然です。そのために給料は人一倍もらっています。そしてそれは税金です。
              私の言いたいことは、1を聞き10を知る政治家を期待するよりは国民の政治参加、つまり政治は政治家のものではなく国民のものであるといいたいのです。
               行政がやるべきこと、民間がすべきこと、ボランティアが出来ること、政治が出来ること、それぞれの棲み分けと役割分担、そしてそれをコントロールし、コーディネイトするより身近な地域ガバナンスの事。それと最も大事な事は戦争を回避させる事。これが政治家の最も肝に銘じる事です。
               
               お任せ民主主義からの脱却を目指したいのです。
              自らの政治は自ら切り開いていく自立した国民であって欲しいし、これからはより身近な政治を実現できる地方自治を目指し地域コミュニティを如何に活性化できるか考えているところです。優れた政治家に期待をしていくのもいいでしょう。何かをやってもらうのではなく自ら自立した個人として地域社会に皆で貢献していきたいものです。地方分権の時代、地域主権住民自治を推進し、より国民が幸福を実感できる社会になれたらと仙台の地でがんばっています。そのためには今戦争にまえのめりの安部を倒すようにしていくことをぜひ頑張っていくことも大事です。

              2018.07.10 Tuesday

              安部晋三の集団的自衛権と憲法9条改悪

              0

                JUGEMテーマ:日記・一般

                憲法9条の規程は火急の事態を想定しておらず、これを解釈で乗り切ろうというのが政府の従来の対応である。憲法改正もこれへの主に対応として出ているものである。安部は9条1項2項は残しつつ3項を書き加える案を出してきた。
                 憲法が発布され60年たつ。少なくとも9条のおかげで戦争に巻き込まれず、平和な日本を享受でき、他国の人間を一人として殺すことなく、今まですごせた。イランの国際貢献もアメリカの手助けをしながら国際貢献という縛りがあるからこそ犠牲者を出さずにすんでいるのだ。これが何の歯止めも無く自由に活動をすることにでもなれば、犠牲者は数知れないだろう。国家を縛る憲法があったからここまでこれたのだ。
                 サンフランシスコ講和条約締結以降アメリカの同盟国として日本はやってきた。集団的自衛権は憲法の範囲で認められなかった。SM3をノドンに対するもMD構想の中核としてあげているが、はなはだその命中率は悪く、無駄なお金を捨てているようなものだ。其処までして集団的自衛権を認めさせ憲法まで変えさせようとする動きは言わば国賊的行為といわざるを得ない。
                 憲法を論ずるにその理想を高く掲げ、外交的努力を積みかねることで国際紛争の火種を鎮め、出来る限りその高邁な理想を高く掲げながら、一歩一歩歩みを刻んで行こうではないか。この安部の案こそあせり苦しむ帝国主義者の姿勢の表れであり、そこがモリカケで苦しむ安部の現実だ。安部の改憲への焦りを戦争阻止の大衆運動へと押し上げて行くことが重要である。

                 

                2018.07.09 Monday

                長寿国日本の現実

                0

                  JUGEMテーマ:日記・一般

                   

                  日本は世界一の長寿を誇っています。
                  これは誇っていいと思います。
                  しかし、3万人を超える自殺者も出ているのが日本の現実です。
                  秋葉原の事件をひくまでもなく一方ではゆがんだ日本が見え隠れしているのも事実です。53兆円の税収しかないのに90兆の予算を組んでいる政治のこと、変えなければなりません。
                  老人医療費の11兆円も増えることはあっても減ることはありません。
                  何とかしなければいけません。

                  まずは安部の戦争へのいざない、憲法改悪発議阻止を図ることを真っ先に取り組まなければなりません。

                   

                  2018.07.09 Monday

                  戦争と歴史

                  0

                     

                    JUGEMテーマ:日記・一般

                    世の中のすべてもものごとは合理的で起こるぺきに起こっている、かのように見える。すべての戦争や飢餓、貧困が起るべきして起こっている。9/11のあの惨劇、アジアで起っている地雷での悲劇、このことをしっかりと教えていくことが教育であり、歴史の「ひだ」を読み込むことになるのだと思う。日本のエネルギー問題、ベースロード電源に原子力が必要だとする政府,今までのままで十分足りているとする国民、そのようなひとびとが増えればいいと思う。そして実際原子力無しでこの日本はやってこれたしこれからもやっていけるだろう。
                     戦争がなぜ起るか、北朝鮮の核の事、彼我の経済制裁の問題、さまざまな軍事同盟の事、さまざまな観点から見ていく必要があり、戦争ぜざるを得ない環境にあったと言う結論ではなく、あくまでも戦争に反対する立場で歴史を読み込むことが必要だと思う。
                     そうすることで世の中のすべての事を読み取ることができると思う。世の中の一方は安部を先頭とする改憲戦争勢力、あくまで安部を倒し革命をすすめようとする革命勢力とのせめぎ合いが随所に散見される。だが革命の必然性は必ず存在する。昨今の安部を巡る情勢は政治の腐敗の現状を示している。

                    2018.07.04 Wednesday

                    イラク戦争の帰結

                    0

                      JUGEMテーマ:日記・一般

                      イラク戦争からの撤退はアメリカの増派決定でおじゃん。
                      なに考えているのだろう。アメリカはどうも一発、勝ったと言う証が必要らしい。泥沼と言える状況で何が「勝ち」といういえるのか。あのアメリカが負けるはずがないという「神話」を信じて日本も「参戦」し、膨大な国家予算を投じ、なにも成果らしい成果もなしに帰ってきて、「行った」とことのためだけにアメリカの「小遣い」見たいな事をやってきた。
                       イラク戦争は宗教対立からイラク部族対立、権益をめぐるメジャーの暗躍など到底一筋縄ではいかないような様相です。
                       貧困と政治的対立、混迷は続く

                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM