2019.05.21 Tuesday

事故を起こしてはいけない

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    連日の事故報道

    高齢者の事故の現実

    本当に自己の問題として

    とらえていかなければいけない。

    先週わたし自身事故を起こして

    いるし根本的に考えなくてはいけない。

    と思っている。

    2019.05.20 Monday

    事故を起こした

    0
      • JUGEMテーマ:日記・一般

        事故を起こした。追突事故でした.
        あっという間の出来事でした。

      100%私のせいであったということです。

      前方不注意です。

      人身事故にならなったのはただの幸運です。

      仕事の途中でした。反省の日々です。

      2019.01.08 Tuesday

      明けましておめでとうございます。

      0

        JUGEMテーマ:ビジネス

        明けましておめでとうございます。
        今年一年どうぞ宜しくお願いします。
        ねずみのように動き回り、皆さんのお役に立てるよう、頑張りたいと思います。
        年も一巡し、70年を過ぎました。
        今年は去年のように企業が根本的責任が問われることが数多く、起こりました。
        今年こそ、そのような企業倫理に問われることが無きよう心して企業運営に当たるとともにより一層の、研ぎ澄まされた企業の倫理研鑽を図って行きたいと考えます。皆様のより厳しい目でもって、野田電気を見つめて欲しいと思います。
         今年が皆様にとってより良い年であることを祈っています。
         末筆ですが、野田ゆたかの今後もご期待くだされたくお願い申し上げます。

        2018.12.11 Tuesday

        仙台商業19回生同窓会

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

          仙商同窓会

          同窓会5組

          2018.11.13 Tuesday

          作間さんの家

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般
             秋保電鉄が通っていて、曙銅鉄がある丁度裏のあたりが山根街道47番地である。尊敬する元国鉄マン機関区の作間さんの生まれ育ったところだ。丹野さんや佐々木さんの家の他は太白山まで見通せたそうだ。腹を空かせた三神峰の幼年兵が秋保電鉄のそばにあった作間さんの自宅に帽子を取って「何か食べさせてください」と入ってきて、同じく国鉄マンの父君が急いで母君に麦飯を炊かせ、味噌にぶっ掛けご飯をご馳走したそうだ。
             仙台空襲の一年前の話だ。戦争には負けるわけだ。兵隊に飯を食わせない軍隊など勝てるはずも無い。
             父君は絶対息子を国鉄マンにしたくなかったそうだ。
             小学校4年のころ名取の増田に疎開していたが、仙台の空が真っ赤に染まったのを今でも思い出すそうだ。増田から長町まで歩いて家が焼けていないか、見に行こうとしたが仙台から
            の避難者でごったかえししていて、ついぞつくことは出来なかったそうだ。

            2018.10.13 Saturday

            古希になりました

            0

              JUGEMテーマ:日記・一般

               出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

              還暦(かんれき)とは、干支(十干十二支)が一巡し、起算点となった年の干支にふたたび戻ること。従って、満60歳となる年の1月1日に還暦を迎える事になる。以後、その年は「今年、還暦を迎えた」の様に表現する。(還暦と)満60歳の誕生日とは無関係だが、還暦祝いは満60歳の誕生日を中心に行なわれることが多い。

              なお、法律では満年齢は誕生日の前日にプラス1されるので、1月1日生まれの人の満60歳になる日は還暦の前年の12月31日となる。これではおかしいので、世間一般における満60歳となる年と考えれば、前記の説明で問題無い事になる。

              また年齢の数え方は、昭和30年過ぎまで「数え(数え年)で何歳」と表現されていた。元々、数え年における元日は当然太陰太陽暦であるいわゆる旧暦の1月1日 (旧暦)であるが、昭和30年当時既に太陽暦であるグレゴリオ暦の元日で数え年で「1つ年を取る」事は完全に定着していたので、現在では還暦や古稀について太陰暦の事を意識する必要までは無いと言える。

              通常は人間の年齢について言い、数え年61歳(≒満60歳)を指す。本卦還り(ほんけがえり)ともいう。

              また、120周年を大還暦(だいかんれき)、30周年を半還暦(はんかんれき)という。

              ということです。
              これからの人生を一つでも二つでも人のために貢献できればと思っています。

              2018.09.14 Friday

              四苦八苦を考える

              0
                JUGEMテーマ:日記・一般

                仏教の教えの一つ、四苦八苦を考えた。
                四苦は生老病死、は分かります。人間の根本の苦しみ。
                生・老・病・死の四苦に、あとの四苦を加えて愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五陰盛苦を合わせたものを四苦八苦といいます。人生の苦の総称、ということです。
                愛するものとの別れは必ず来ます。その耐え難き苦しみに人間は立ち向かわなければなりません。
                怨憎会苦:おんぞうえく:怨み憎む者に会う苦しみ。光市の殺人事件を考えると苦しみは分かります。
                求不得苦:ぐふとくく:求めるものの得られない苦しみ。
                五陰盛苦:ごおんじょうく:五陰から生ずる心身の苦しみ。

                五陰:五蘊の旧訳:現象界の存在の五種の原理。色(しき)・受・想・行(行)・識の総称で、物質と精神の諸要素を収める。色は物質及び肉体、受は感受作用、想は表象作用、行は意思・記憶など、識は認識作用・意識。一切存在は五蘊から成り立っており、それ故、無常・無我であると説かれる。
                般若心経では色について空であると説いている。現世ではすべてのものは空しいものとして規定している。色即是空空即是色五陰すべてが空であると認識したときに人は苦しみから解放されるのである。
                この世は苦しみの連続である。この現世の痛みをこの世で解決していこうというものが政治の役割である。少しでも苦しみから解放して行こうというのが政治をやるものの姿勢でなけれはなるまい。

                2018.04.12 Thursday

                いつも見ていただいてありがとうございます。

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                  いつもご注目頂き大変恐縮にございます。忙しさにかまけ、町内会の仕事、敬老会、商店街のイベント、もちろん野田電気の仕事が忙しいこと、等理由はありますがブログは更新してなんぼの世界は承知しております。見ていただいている方々にただただ感謝の一言です。
                   今後はなるべく更新をまめにやる所存ですので、引き続きごひいきのほど宜しくお願いします。
                   
                       
                                

                  2018.03.22 Thursday

                  教育と資格

                  0

                    JUGEMテーマ:日記・一般

                     吉田松陰は幾多の日本の将来を託すべき逸人を片田舎で育て輩出した。もちろん「資格」なるものは存在もしないし、教員と言うものにもひってきしない。資格が補償するものは「最低限の能力」である。電気工事士は資格がなけれは゛仕事を十分に出来ない。しかし持っているとしても仕事を十分に出来るとは限らない。お客様あっての仕事だからだ。お客様が何を望み、何に期待をし、仕事を頼んでいるのかきちんと把握し、分析し、期待にこたえなければならない。
                     教師の仕事はそれより厳しく、大変な仕事であると想像している。教員免状が資格の最低限であれば、「顧客」は児童として、その満足を図るためどんな努力と工夫が必要なのか、
                    親、地域はどのような教育が行われているのか、よく分かっていないのではないか、私は何年間かPTA会長や学校に地域として関わってきたが、本当の教育の現場は見えてこなかった。資格のこと以前に教育の現場の透明性が必要であり、より開かれた教育現場が法改正や資格の見直し以上に必要であると感じている。

                    2018.02.16 Friday

                    胃カメラを呑む

                    0

                      JUGEMテーマ:日記・一般

                      胃カメラを飲みました。
                      結果は異常なし!
                      めでたし、めでたし。
                      かなり苦しかったが、結果オーライ。
                      政治を目指すものとしては万全の体調で臨むべしということで
                      検査を受けた。
                      きりきり胃が痛む原因はなんかなぁ、というところ。何だろう。
                      まあ、胃が綺麗でよかった。
                      あすからまた頑張ろう。

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM