2017.11.06 Monday

11/5全国労働者集会に行った

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    日比谷野音で行われた全国労働者集会に行って来た。

    トランプが来ている厳戒態勢の中、銀座から東京駅まで都心を大声を出して気勢を上げた。

    集会には韓国民主労組や米国の鉄道労組、ドイツからのお客様や様々な国の人々が連帯の挨拶をしてくれ大いに盛り上がった。20年続いているこの集会は今年4800名の参加人数で仙台からも大人数で参加し皆の笑顔を見れて良かった。

    毎回の事だが銀座で右翼の人らが「中核派粉砕」などと叫んでたっけ。

    いつもの風景だなぁ。

    2017.01.20 Friday

    中国を切れるのか

    0

      JUGEMテーマ:ビジネス

       日本は中国を本当に切れるのか、無縁の処に日本をおけるのかということが問題なのである。株でもなんでもつながってしまっている。しかも輸入が半分以上頼っている現実は踏まえないといけないし、無視する訳にはいかない。そこは新大統領のトランプも知っていると思うので心配いらないと思う。いよいよ大統領の発進だ。

      2017.01.18 Wednesday

      景気の動向

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

        JUGEMテーマ:ニュース

        景気は回復したか。
        日銀は1~3月の景気動向についておどりばからの脱出についてプラスの方向でコメントした。
        原油価格についても昨年から上昇に転じており、それにつれて石油関連の製品もじょじょ上昇している。エコカー減税に伴う生産も一巡し生産も回復基調にある。デフレは回復基調にあると言っていいだろう。しかしまだまだデフレは息が長い。まだ労働者の賃金は低調である。それが底を打ち確実に上昇しない限り景気が回復したとは言えないだろう。

         

        2016.09.20 Tuesday

        株式市場の低迷

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

          株式市場が低迷している。これはあまりにも国が市場に介入し過ぎているからに他ならない。国や日銀が過剰に介入すると民間は当然様子見の様相を呈してくる。その具体例が郵政株の値動きにあらわている。1400円から1350円を行ったり来たりのボックス相場、その動きに現れている。安部の介入を嫌うどうしても動きが出てこない。アベノミックスをもうそろそろ終わりにしないといけないと思う。

          2016.09.08 Thursday

          GPIFの株運用は間違い

          0

            JUGEMテーマ:ビジネス

            政府の株運用はどれだけプロが運用にかかわっているかによっている。

            運用比率を上げたがそれによって売れなくなっているとしたら、間違っている。

            誤りは正さなければならない。だいたいプロがやっても難しいのにアベノミックスの権威だけで相場を乗り切れる訳はない。早めの決断が求められる。

             

            2016.08.16 Tuesday

            不況が身に沁みる

            0

              JUGEMテーマ:日記・一般

              全然不況対策が打たれていない。
              この政治を変えなくてはいけない。
              まずデフレ克服でしょう。景気を回復し、世の中を明るくして、自殺者が3万人以上いる現状を克服しないと「一番の日本」になるわけは無い。
              増税論議より前に経済政策をしっかりして日本を立て直すことをまずやること。同時に議員自ら血を流す努力をすること、公務員の削減をやること。
              ここから国民の信頼をえていくことを確実にしていくことからはじめよう。
              とにかくこの不況を脱しないと。

              2016.07.29 Friday

              新興金融.勢力の崩壊

              0

                JUGEMテーマ:日記・一般

                一連の金融バブルに対する旧体制側の巻き返しと言えるだろうか。日本の国家のありようが日に日に変化している。株式市場の隙間をぬって成長してきた「ライブドア」「村上ファンド」。だいぶ目障りだったのだろう。銀行が実は消費者金融の背後にありジャブジャブあまった金を貸付巨大な利益を生み出していたのは、分かっていた。オリックスが「村上ファンド」に資金を供給してきたように。銀行が巨大な利益を今生み出しているのは、国民の税金が投入されてきたからであり、「債権放棄」などできない多くの中小企業の経営者をはじめ、一般の国民は景気が良くなっているという報道に首を傾げつつ、日々まじめに汗水流しているのだ。ローンを払い税金を払い、医療費や教育費の支払いに耐え、年間自殺者が3万人もいるこの日本に、マスコミにだまされ、安部政権に数年間ももこの日本を「付託」したのだ。しかも圧倒的に「勝利」させたのだ。
                 国民の税金を強奪しているのは、銀行やそれを支える体制であり、そのもうけすぎこそ糾弾されるべきところ、このタイミングでその尻尾を切ったのだ。

                2016.06.30 Thursday

                アベノミックスの失敗

                0
                  JUGEMテーマ:日記・一般
                  消費税10%見送るということが段々
                  はっきりしてきていよいよアベノミックス
                  の失敗がはっきりしてきた。財政出動、
                  株価暴騰、そしていよいよ賃金アップ
                  と行きたいところだがそううまくは行か
                  ないのである。ますます利益の内部留保
                  の率が高まりうまくいかないのである。
                  株価が上がらず原油はさがってうまくいかない。
                  資本主義の悪いところが出ている。
                  新自由主義が至る所ではびこり世の中
                  では貧困と格差の増大が問題になっている。
                  10パーセントの消費税の見送りはアベノミクス
                  の破産と日本の資本主義の最後の悪あがきを
                  演出している。内部留保を吐き出させる
                  政策的保障がない以上アベノミクスは
                  早晩破産せざるを得ない。黒田のマイナス金利は
                  最後のあがきにしかみえない。EUからのイギリス
                  の脱退はアベノミックスが限界であることを示した。
                  2016.06.17 Friday

                  ギリシャの選択とロンドン市場

                  0
                    JUGEMテーマ:日記・一般

                     ギリシャの国民投票が緊縮策を拒否し、現政権を支持しギリシャ政府の継続を承認した。ロンドンのユーロ脱退のほうがよりリアルに現実味を帯びてきた。世界経済はこれをどう判断するか、世界経済により大きな影響力を与えるのがイギリスの状態だ。議員が銃撃されて亡くなってしまった。テロによってはなにも解決しない。
                    ギリシャは今までどうりに行かないにしても、現状維持を選んだ。これを受け日本のダウ平均は押し目が入りちょと戻して国際同時株安という危険を避けた。
                    今後の事はわかないとしてもギリシャ問題は大したことはないとの認識でいいといえる
                    イギリスの場合はそうはいかない。ユーロ脱退ともなると世界経済に直結しシステムがバラバラになるということは世界恐慌につながる恐れがある。

                    2016.03.30 Wednesday

                    20年の失われた時代

                    0
                      JUGEMテーマ:日記・一般
                      20年の失われた時代、これをどう取り戻すか。
                      根本はいかにデフレを克服するかだ。
                      日本人はいるものが無いのである。
                      極端に言えば、全てそろっているのが日本社会である。
                      ダウンサイジングを全ての分野で行ない需給ギップを埋めなければならない。
                      どんどんと財政出動し国家でGDP を押し上げ、需要喚起を作り出す努力をしなければならず、財源問題は後から考えれば良いことでまだまだ日本の国家は大丈夫である、という確信を持っている。負債を語るのに資産を語らないのは納得できない。国家資産を明らかにして負債を語るのが自然な流れではないか。私はそう思うのだが。
                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM