2018.05.23 Wednesday

安部を打倒する為に

0

    安部を打倒する為になにが出来るか。

    あらゆる機会を捉えて安部の弱点を攻め、盲点探しそこを突き、

    チャンスはすぐそこにある事を自覚し、皆でそこのところ暴きだして行こうてはありませんか。我々にできる事をやることから始めよう。  

    そこからしか始まらないのだから。

     

    2018.05.17 Thursday

    口だけの政治

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

      口だけの政治が多すぎる。
      私が口下手なのだが、と思っているのだが最近の政治家を見ると安部総理などは「饒舌」なのだが見ているとその嘘がみえみえに見えてしまう、といっても良いと思います。
      政治はしゃべりでなんぼの世界で、その饒舌で世界を獲得するといってもいいと思う。
       安部もTPPでアメリカと一所に地獄へとまっさかさまだ。

      政治をわが言葉できっと動かして見せよう。

      2018.05.14 Monday

      日本の戦後体制について

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

        JUGEMテーマ:日記・一般

        われわれは歴史に学ぶ必要があります。
        歴史は多くのことを教えてくれます。
        盧溝橋事件から関東軍の暴走、そして真珠湾へと続き開戦まで行った流れ、誰も押しとどめることはできなかった。
        戦後はサンフランシスコ講和条約に従い日本の独立をはかってきた。確かに戦後の体制は日米安保条約によって日本の安全と独立は確保された、といえる。本当は東西冷戦の拮抗の間で偶然と幸運によって安全と独立は確保され、戦後の驚異的経済成長は成し遂げらた。アメリカは危険な国ですがアメリカ以外世界を支配できる国はありません。アメリカとコミットメントする以外に選択肢はありません。ただ30年後に今のままいけるかどうかわかりません。政治は厳しく国内外を冷静に見て、地勢的にも判断して、日本の進路を決めなけれは゛なりません。少なくても北朝鮮は存在しないでしょう。
         それも含め、日本のアジアの中に占める位置について中国をどのように関係付けていくのでしょう。
         今の政治に問われることは30年先を見越した外交であり、内政の推進ではないでしょうか。永世中立国の概念が正しいかどうか、今のアメリカの現状を考えて可能かどうか、判断しなければなりませんね。今の安部政権は確実に打倒されるだろう。そして労働者が主人公の社会が実現されるだろう。昨日TVで連合赤軍の放送を見た。あまりにも悲惨なドラマ仕立てで現実からかなりかけ離れていると見えるが気を使って編集しているなと思えて関心しながら見ていた。

        革命左派の綱領の詳細などはTVでは無理だと思われますが、限界かなと考えられる。

         

        2018.05.12 Saturday

        安部一強時代を生きる

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

          想いが人を創り、思いが人を変える。
          良い言葉だ。
          山口「幽言」さんの言葉だ。
          その通りだと思う。


          思いが強ければより実現に近づく。
          政治の世界に持ち込みたい。

          安部一強時代を生き抜き、テロではなく各方面から安部の弱点を暴き労働者の権利であるゼネストを団結を勝ち取りながら党をつくりた゛して行く作業にちゃくして行かなければならない。そして安部を打ち倒す。安部を監獄へ。ロシヤ革命100年記念すべき年に願っていない。モリカケ問題を全然説明しない安部内閣、安部をぶっ飛ばし政権監獄へ、さあ皆でロシア革命の再現を現実の物としよう。

          2018.04.28 Saturday

          みやぎ労働学校開校す

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

            みやぎ労働学校が

            開校された。

            革命的労働運動の中身としてこれからしっかりと地に足をつけた運動として定着していくだろう。

            第1回の講師は動労水戸の支援共闘の事務局長の斉藤貴広さんだ。

            講義内容は今なぜ憲法改悪かというビビットな内容です。

            月1回の講義になるべく出てみたいと思う。

            2018.04.24 Tuesday

            仙台市の議員の数

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル

              議員の数が55名と言う半端な数で今回の市議戦は戦い闘われる。
              まず数が市民感覚にかなうものにするために市議が何のために仕事をしてるかを明らかにしていく必要がある。市民全体の奉仕者である。
              地域の代表という側面は確かにある。
              しかしそれだけで良いのだろうか。
              先ずは仙台市民全体をとらえ考えていくこと、当たり前だけれど個別の問題それに従属していることを確認したい。市民センター割とか、中学校割とかが多過ぎます。
              予算審議の絶対課題は地域的課題より重いことを議員諸君は大事にすべきです。
              ロスの16名の議員より仙台の55名の議員の方が市民感覚溢れた議員であってほしい。

              2018.04.23 Monday

              仙台市の財政再建

              0

                 仙台市の一般会計予算4411億となり4年ぶりに前年度を下回り、財政調整基金170億を使い果たしやっと予算が組めるぎりぎりの編成になっており、法人、個人市民税を中心に景気低迷が影響がおよぼし、これから伸びが期待できない。
                 団塊の世代の大量退職に伴う資金の確保など゛市債に頼る体質は依然として存在している。
                 仙台市の財政再建を本気で考えるのであれば都市計画の抜本的見直しと計画の練り直しが必要にになることは明らかである。仙台市はこれから教育とか地下鉄をはじめ直すところがたくさんある。余分なお金はない。より緊密な予算配分が求められる。

                2018.04.20 Friday

                地方議員の役割

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                   地方議員は本質的にはどのような役割を担っているのだろう。
                  私は一つ一つの具体的課題の解決であり、身近な住民の要求の実現であると思っている。
                   一人ひとりの住民は行政のやることに口を出したり意見を言う機会が限られている。公共の正義が計られ、順序だてておこなわれるよう、行政を監視し、指摘していくことこのことが法の正義の下で実施されねばならない。
                   予算の執行と決算の承認も大事な仕事である。行政の適正な執行がなされているのか、住民の目で見届けていくことも大事な仕事である。
                   住民の視線に立った議会の運営が求められている。

                  一方で現代の政治的危機に際して政治的感覚の研ぎ澄まされた感覚でビヒットに皆に示し提示していかなければなりません。戦争の危機に対して内乱をのスローガンを提示しくらいの迫力で迫っていく事が必要です。

                  2018.04.19 Thursday

                  仙台市地下鉄で火災発生

                  0

                    JUGEMテーマ:ニュース

                    仙台市地下鉄南北線黒松八乙女間の架線でケーブルが焼ける事故が起こり全線て

                    午後5時から11時の間ストップする事態となった。設備は30年前のままで当初のままで何ら手をつけらていない事が分かった。何時までも昨日のように使えると思ないほうがよい。仙台市は自らの責任もって二度と事故が起こらないシステムを作り上げてほしい。

                    2018.04.17 Tuesday

                    安部政治の転換点

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                       私は政治が大好きだ。
                      皆さんの意見、要望を聞き、それを実現するため努力する。
                      醍醐味がある。
                      選挙が民主主義の唯一の政治参加の方法だと言われている。
                      なぜ投票率が上がらないのだろう。本当は選挙が唯一だと思わせれている現実はあると思う。
                      政治の世界の汚さばかり協調され、国民が嫌気がさしているのは分かる。
                      しかしこの世の政治的決定は政治権力をいかに獲得するかだ。
                      その方法は今の段階では選挙以外に有り得ないと思わせれている。

                      その現実をなんとか変えていきたい。

                      なにかないか。そうだストがある。

                      ゼネストをしよう。

                      座り込みをしよう。

                      なんとかしたい。
                      そのダイナミズムを自分の生きている時代に実現したいのだ。その時た゛。安部を打倒しよう。民衆の力で何とかしよう。今がチャンスだ。


                       

                      Calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM