2018.11.16 Friday

教育の現場と理念

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

    私の知り合いの小学校の校長先生がダンボールに3つも4つも積み上げ教育局に来ていた。管理者の悲鳴、児童を見ている先生の嘆きが聞こえてきている。子どもに真正面から向う時間が十分に取れているとは思えない。「教育」はかなりの力瘤をこめた取り組みが特に小学校のときには必要だ。管理だけでは学校の教育現場のモチベーションは保てない。
     チームティーチングも取り入れながら地域の力を借り、ともに教育しあう「共育」が必要です。先生の独自の取り組みと学年の話し合い、研修、学びあい、子どもを注意深く見る目、現場をじっくり見ていく時間を十分にとっていくことが大事だと思っています。
     多種多様な価値観を認め合い、個人の尊厳を基調とした教育原理が基礎になければなりません。国家思想と言う単純なイデオロギーでは日本の世界からの孤立は避けられません。国旗、国歌を盾に心の自由まで奪おうとする教育行政は真の意味で自由な子どもたちを育ていくという理念から外れてしまう。本当に美しい日本を残したいのならば教育こそこれからの未来の設計図を描ける財産だと言う思いを政治の世界で実現することが必要です。子どもたちに未来を託し、世界に羽ばたけるような国際人に日本の子どもたちが成長するためにも、寛容で柔らかな心を育てる教育を今こそ現場を徹底的に大事にする政治を地方から立ち上げ、その思いを実現していきたいものです。
     今の自民党政治では国民を「羊化」していくことしか出来ないし、日本の滅亡へと導く最悪のシナリオしかかけません。と思っています。

    2018.11.15 Thursday

    裁判員制度について

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

      裁判員制度この制度は司法への国民参加を促しより国民へ司法が近づくために施行されるものです。問題はあります。司法のプロの意見に引きづられないか、本当に死刑を求刑できるか、精神的に耐えることが出来るか、国民にはそんなことを強いる国家は「いい国家」か。
      選ばれた22万人、この人たちの精神的負担は相当なものになる。

      2018.11.14 Wednesday

      地方議員の役割

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

        地方議員は本質的にはどのような役割を担っているのだろう。
        私は一つ一つの具体的課題の解決であり、身近な住民の要求の実現であると思っている。
         一人ひとりの住民は行政のやることに口を出したり意見を言う機会が限られている。公共の正義が計られ、順序だてておこなわれるよう、行政を監視し、指摘していくことこのことが法の正義の下で実施されねばならない。
         予算の執行と決算の承認も大事な仕事である。行政の適正な執行がなされているのか、住民の目で見届けていくことも大事な仕事である。
        そして財政の健全化はぜひとも実現されなければならない。
        収入に見合った支出。当たり前のようでこれが出来ている自治体がない。
        普通の人が普通に考えて、当たり前のようにやれば良いと思うのだ゛が。
        行政は仕事をつくる。仕事をこしらえる。
        うかうかするととんでもない仕事をこしらえる。
        だから議会の監視が必要なのだ。
        議員は住民に選ばれているのだから。
         住民の視線に立った議会の運営が求められている。

        そして最終的には住民の代表として戦争に反対していく最後の砦としての役割を果たしていくことになるだろう。

        2018.11.14 Wednesday

        住宅用火災警報器を付けよう

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

          仙台市では5月一杯まで住宅用火災警報器の設置を義務付けている。
          まだつけていない人は是非この際、出費がかさむ今日この頃ですが、命の問題でもあるし、取り付けることを薦めます。40%の取り付け比率てまだまだですが是非取り付けるよう希望します。

          2018.11.13 Tuesday

          作間さんの家

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般
             秋保電鉄が通っていて、曙銅鉄がある丁度裏のあたりが山根街道47番地である。尊敬する元国鉄マン機関区の作間さんの生まれ育ったところだ。丹野さんや佐々木さんの家の他は太白山まで見通せたそうだ。腹を空かせた三神峰の幼年兵が秋保電鉄のそばにあった作間さんの自宅に帽子を取って「何か食べさせてください」と入ってきて、同じく国鉄マンの父君が急いで母君に麦飯を炊かせ、味噌にぶっ掛けご飯をご馳走したそうだ。
             仙台空襲の一年前の話だ。戦争には負けるわけだ。兵隊に飯を食わせない軍隊など勝てるはずも無い。
             父君は絶対息子を国鉄マンにしたくなかったそうだ。
             小学校4年のころ名取の増田に疎開していたが、仙台の空が真っ赤に染まったのを今でも思い出すそうだ。増田から長町まで歩いて家が焼けていないか、見に行こうとしたが仙台から
            の避難者でごったかえししていて、ついぞつくことは出来なかったそうだ。

            2018.11.13 Tuesday

            マンション偽装北海道でも

            0

              JUGEMテーマ:日記・一般

               旭化成建材施工のマンションでデェターの偽装が見つかった。
              北海道の釧路の公営住宅で31本のうち1本のデーターでデーター
              の書き写しが見つかったとしている。旭化成建材はデーターの
              流用は認めたものの工事は適正におこなれたとして安全性には
              問題ないと語った。
              くい打ちの担当者が担当していない物件で3040件のうち初めて
              の事例である。これで41件以外にも調べる必要があると分かった。
              目視や外観で異常が見つからなくても詳しい調査が必要だ。

              大企業は儲けることなら何でもやるということか。

              2018.11.12 Monday

              予算の組み立て

              0

                JUGEMテーマ:日記・一般

                 予算の組み立てがはっきりしない。
                仕事が出る。予算がつく。それには色んな駆け引きがあるだろう。
                金がかかる要素は見つからない。議員活動にもさして金が絡むものは考えられない。
                政務調査費は此処では発生しない。
                市民の要望の中身を精査し真にその要望が市民の全体の利益に合致にしてるかどうか。
                こんな様子で予算の執行は続く。

                2018.11.12 Monday

                路上は民主主義の原点

                0

                  JUGEMテーマ:日記・一般

                   路上から民主主義は発生してきた。街頭の一きっかけから常に一つの政治的動きが起こってきた。
                  だからいつも街頭に立つ時は緊張感を持ち立つ必要があるということだ。
                   新たな風を起こす時 化学変化のように静かに人の心に現れ突然に顕在化するかのようにあらわれるものだ。だからみんなどしどし路上に立った方が
                  毎日たつほうがよい。

                  2018.11.09 Friday

                  金曜デモにいってくる

                  0

                    JUGEMテーマ:日記・一般

                     

                    金曜デモにいって来る。

                    場所は青葉区肴町公園6:10集合60;30デモ出発。

                    少し雨の中はつらいけどやらなくちぁ。

                    ひとりでもがんばらなくては。

                    2018.11.08 Thursday

                    自立した民主主義を

                    0

                       

                       政治家は政治をしっかりとやる当然です。そのために給料は人一倍もらっています。そしてそれは税金です。
                      私の言いたいことは、1を聞き10を知る政治家を期待するよりは国民の政治参加、つまり政治は政治家のものではなく国民のものであるといいたいのです。
                       行政がやるべきこと、民間がすべきこと、ボランティアが出来ること、政治が出来ること、それぞれの棲み分けと役割分担、そしてそれをコントロールし、コーディネイトするより身近な地域ガバナンスの事。
                       
                       お任せ民主主義からの脱却を目指したいのです。
                      自らの政治は自ら切り開いていく自立した国民であって欲しいし、これからはより身近な政治を実現できる地方自治を目指し地域コミュニティを如何に活性化できるか考えているところです。優れた政治家に期待をしていくのもいいでしょう。何かをやってもらうのではなく自ら自立した個人として地域社会に皆で貢献していきたいものです。地方分権の時代、地域主権住民自治を推進し、より国民が幸福を実感できる社会になれたらと仙台の地でがんばっています。真に住民の事を考えていく真の革命的な党が必要です。安部をたおし国民の声を代表する党を作りだし行く作業が必要です。

                       

                      Calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM