2018.12.14 Friday

金曜デモにいってくる

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    金曜デモにいって来る。

    場所は仙台市青葉区元鍛治町公園6:10集合60;30デモ出発。

    沖縄では土砂投入阻止でがんばっているので、

    仙台でもひとりでもがんばらなくては。という気持ちで。

    いってくるぞ。

    2018.12.14 Friday

    地上アナログの改修

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

      地上アナログの改修をおこなった。
      大変難しい作業になった。
      まずは3C2Vであった配線の取替え、アンテナの取替え等やったがあまり改善しなかった。ある程度映ったので満足してもらったが、ひやひやだった。テレビは映ってなんぼの世界だ。ブースターをつけたがあまり改善しなかった。費用対効果で取り外す。デジタル時代の中で案外とアナログは難しい。

      2018.12.13 Thursday

      元気とやさしさ

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

        元気とやさしさが『野田ゆたか』のテーマです。
        私は20年以上地域の商店街の活性化にかかわってきました。
        この中で多くの挫折、失敗を経験しまた仲間を失って本当に地域の活性化という課題は生易しいものではないと感じています。電気屋として30年ぐらいの経験と経営者として感じているものを、経営者同士で分かち合いたいとも思っているし、電気工事業の社会的立場をいかに上げていくことが出来るかも大いなる関心事です。
         元気というテーマは地域や企業の活性化と同時に人の健康、精神的元気さも表しています。私は病気をすることで健康であることの大切さ、健康でい続けることの大事さを身を持って自覚した。本当に元気であり続けることは大切です。
         人間の持っている尊厳はやさしさにもっとも良くあらわされます。人としてのやさしさ、自然に対するやさしさ、地球にやさしい環境と循環型社会の実現を目指そうと思います。
        まだまだ経営者として未熟な自分ですが、これから多方面で自分らしさを表現できるようがんばります。
         次期の市議選に挑戦し市民の本当の意志を示したい。

        一度限りの人生、やるだけやるしかない。
        野田ゆたか くいの無い生き方をしたい。全身全霊をもって今,戦争に向かっていこうとしている安部政権を何とかしたい。という思いでいっぱいです。

        2018.12.12 Wednesday

        教育の現場の理想と現実

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般

          私の知り合いの小学校の校長先生がダンボールに3つも4つも積み上げ教育局に来ていた。管理者の悲鳴、児童を見ている先生の嘆きが聞こえてきている。子どもに真正面から向う時間が十分に取れているとは思えない。

           「教育」はかなりの力瘤をこめた取り組みが特に小学校のときには必要だ。管理だけでは学校の教育現場のモチベーションは保てないと思う。
           チームティーチングも取り入れながら地域の力を借り、ともに教育しあう「共育」が必要です。先生の独自の取り組みと学年の話し合い、研修、学びあい、子どもを注意深く見る目、現場をじっくり見ていく時間を十分にとっていくことが大事だと思っています。
           多種多様な価値観を認め合い、個人の尊厳を基調とした教育原理が基礎になければなりません。国家思想と言う単純なイデオロギーでは日本の世界からの孤立は避けられません。国旗、国歌を盾に心の自由まで奪おうとする教育行政は真の意味で自由な子どもたちを育ていくという理念から外れてしまう。

           本当に美しい日本を残したいのならば教育こそこれからの未来の設計図を描ける財産だと言う思いを政治の世界で実現することが必要です。子どもたちに未来を託し、世界に羽ばたけるような国際人に日本の子どもたちが成長するためにも、寛容で柔らかな心を育てる教育を今こそ現場を徹底的に大事にする政治を地方から立ち上げ、その思いを実現していきたいものです。
           今の自民党政治では国民を「羊化」していくことしか出来ないし、日本の滅亡へと導く最悪のシナリオしかかけません。と思っています。

          2018.12.11 Tuesday

          仙台商業19回生同窓会

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般

            仙商同窓会

            同窓会5組

            2018.12.06 Thursday

            万世一系の天皇制と地域の破壊

            0

              JUGEMテーマ:日記・一般

              私は個人の尊厳とか地域の破壊について強い危機感を持ってまして、どうしてもその流れで行くと国家統制とか規制強化に対しては敏感になっています。日本の課題は地方分権と道州制を国のかたち全体としてはどのようにしていくが柳眉の関心事です。本当に道州制が日本にあっているのか、そしてその効果と実効性はどうなのか。
               「万世一系天皇これを統治す」の日本が自分では何も変わらず敗戦によって「象徴天皇」になっただけの日本に道州制がなじむのか。私はこの国の仕組みを根本的に変えるしかないと強く思っています。

              2018.12.05 Wednesday

              地域コミュニティの崩壊と再生

              0

                JUGEMテーマ:日記・一般

                町内会の中にどんどん入ってくる各種の回覧板。縦割り行政のヒズミが最終コミニティの町内会の運営に問題を投げかけている。福祉、医療、教育、防災、ばらばらの方向性でガバナンスが欠けてしまっている。

                 私は地域の中で町内会の総務のような役をやっている。それだからわかるのだが、うえからの再生はすでに出来はしない現状だ。一つ一つの問題を積上げ地域コミニティを作り上げるのだ。その決意でいる。

                2018.12.04 Tuesday

                禁煙学会?

                0
                  JUGEMテーマ:日記・一般

                  禁煙学会ってあるんだって。http://www.nosmoke55.jp/
                  路上での喫煙を禁止しようという動きがあるらしい。
                  学校の先生が門の影でこそこそタバコをすっているようすは、昔中学生が便所か体育館の裏でこそこそ吸っていた、そのものだ。
                  タバコは地方税、仙台市の財政を助けてくれている。
                  その意味ではありがたい。

                  「健康増進法」
                  こんなものまで作って国民を縛って何をしようとしてるんだ。
                  なんでも中央で制御しようとする。
                  人の心までも入り込んでくる、教育基本法。マイナンバー。
                  みんななんか違う。
                  みんな人の嗜好、行動まで国家に規制されていのか。タバコ税は大変地方のために役に立ち、有効に自主財源として活用されているのに。

                  2018.12.03 Monday

                  電気基本法の制定

                  0
                    JUGEMテーマ:日記・一般

                    法治国家は法による支配を基本とする。
                    電気の世界には電気事業法、電気工事士法、電気工事業法、電気用品安全法などの法律がある。そして電気設備技術基準が法に基づいた省令として昭和40年に定められた。内線規程はその省令に基づく解釈に対してより実際に即した規程を設け定めたもので、それは民間規程の地位を出るものではなく、その意味においては強制力はないものと考える。昭和43年11月制定。
                     しかし私は今の時代この内線規程にこそ「電気基本法」の内容がそろっていると考えているので、より全体的検討を加え、電気事業法、電気工事士法、電気工事業法、電気用品安全法の全体にわたる「法」を新たにつくり省益を超えた電気の大本を作っていきたいと考える。

                    2018.11.30 Friday

                    夜警国家を論ず

                    0
                      JUGEMテーマ:ニュース

                      夜警国家について思うところを述べます。
                      今の日本の債務残高は国地方あわせ1093兆円。毎年政府だけで57兆円プラス金利が増え続けています。
                      何も海外から借りているわけではないのでいいんだという人がいます。これは今の現代の人の『わがまま』と言わざるを得ません。親は子に借金など残したくないのは普通の事です。
                      1兆円と言う数字は毎日1億円を使い続け27年間かかる、とんでもない数字です。1000兆円を超えるこの債務残高、プライマリーバランスをとるなどと言いますが、債務残高抜きに言っている意味が分かりません。
                       このような状況を認識しつつ、夜警国家の意味を考えます。福祉、医療、補助金をばっさり切り、防衛と治安に特化しすべてを謝金返済に充てると言うことですが、これでは日本がもちません。この革命ともいえる苦難に日本の国民はもたないと思われます。法理論上も憲法に抵触する恐れがあると言わざるを得ないし、日本経済ははなはだしい過酷な恐慌を目の当たりにするでしょう。クーデターを起こし実現する国民的立脚点は存在しないと思われます。
                       役人天国のこの無駄遣いが露呈している日本には「警鐘」として発するのはいいとしても、とても実効性がある政策選択とは言いえません。
                       すでにこの債権残高からの克服は無理との指摘がありますが、厳しく受け止め、政権交代を実現することと地方分権を図りながら、ほんとの意味での『小さい政府』と身近な行政、自立したコミニティ自治を各地域で試行する改革で日本の未来を作り上げたいと願っている。

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM